スポットライトを浴びるファンティン

ザ・ペニンシュラ北京の誇る格調高い広東料理レストラン、ファンティンは、2013年も引き続き、世界で名高い飲食関連メディア2つにおいて、それぞれアジアのベストレストランおよび北京のベストレストランに挙げられるなど、その洗練された料理により高い評価を受けました。

経験豊富なフードライターやブロガー12人が、ノミネートされた6大陸50カ国80都市以上のレストランから勝者を選ぶ「世界ベストレストラン101」にて、飲食業界の国際的な権威であるウェブサイト「ザ・デイリーミール」はファンティン(鳳庭)をアジアでナンバーワンのレストランと評しました。 ファンティンは、国際的なレストラン評価雑誌「タイムアウト」誌から“2012年 -2013年の北京市内ベスト中国料理レストラン”にも選ばれています。

こうした栄えある賞は、シェフのウォン率いるチームの努力の賜物です。ファンティンは日々、伝統的な点心や四川の代表料理などにひねりを加えながら、ここでしか味わえない料理を生み出し、国内外のお客様や舌の肥えた地元の方から変わらぬご愛顧をいただいております。