ザ・ペニンシュラ北京が、華やかなペニンシュラ・アート・レジデンシーを公開

张朝晖氏作の抽象画とミニマリスト様式の「Ink Light」の成功に続き、ザ・ペニンシュラ北京では今年2014年に第2回ペニンシュラ・アート・レジデンシーエキシビションとして、陳余氏の「Flowers and Non-Flowers」シリーズを迎えます。

熟練のコンテンポラリーアート作家陳余氏は、当代きっての有名女性画家の1人です。 2002年以来、20を超える合同展への参加や個展を開催した実績をもつ陳女史ですが、最も知られているのは、パリで開催された「Prestige Des Galeries D'art」です。 2009年までにはすでに世界各地のギャラリーに作品が展示されるほどの高い評価を受けており、陳女史の洗練された芸術品には称賛の声が上がっています。

陳余氏の「Flowers and Non-Flowers」コレクションは、この季節を女性らしいタッチで表現。彼女が用いているのは、東洋女性らしい細やかさから生まれるカリスマ的技法です。 キャンバスに広がる大胆で親しみのあるスタイルをラッカーで仕上げることによって、作品には独特の光沢が生まれています。

今年5月のエキシビションで、メディア関係者の招待客や美術界の仲間たちは、ザ・ペニンシュラ北京の1階、2階、3階にコレクションとして展示された同氏の42点を超える国内外の作品について、氏と語り合いました。 ザ・ペニンシュラ北京では、スイートルームの1室を実際に「宿泊できる」アートスペースに変身させ、お客様が館内でアート巡りを存分にお楽しみいただける特別なアート スイートルームをご用意しています。