Peninsula Beijing Page boy

ザ・ペニンシュラ北京 観光案内

中国の首都である北京では、豊かな歴史と現代の中国の姿がバランスよく融合し、過去と現代が交錯しています。 壮大な建築物に驚いたり、歴史ある万里の長城に登ったり、かつては立入を禁じられていた区域を探索したり、と誰もが楽しめる見所が多数ある魅力的な都市です。ザ・ペニンシュラ北京は、それらの名所を訪れるのに便利な立地を誇り、さらにコンシェルジュが街の魅力を十分実感できるよう、お手伝いさせていただきます。

コンシェルジュのおすすめ

  • Peninsula Beijing Great Wall of China
    北京の観光案内 | ザ・ペニンシュラ北京 万里の長城

    世界の七不思議のひとつ、中国の万里の長城は、古代の防衛戦略の一環として建設されたものとしては、世界最大の建造物のひとつです。 ザ・ペニンシュラアカデミーでは、ヘリコプターで息を呑むような建造物をご覧いただだく、忘れられないご体験をご用意しております。

    読む
  • Peninsula Beijing Prince Gong's Mansion
    恭王府

    恭王府は、紫禁城の北西、什刹海の近くに建っています。 1777年に建造された当時は清朝(1644年-1911年)の乾隆帝から寵愛を受けた臣下の和坤の私邸でした。古代中国の高官たちが住んでいた大邸宅の一例と言えます。 ザ・ペニンシュラアカデミーでは、壮大な6万 ㎡の敷地を三輪自転車で探るツアーを催しております。

    読む
  • Peninsula Beijing 798 Art District
    798芸術区

    かつては国営工場であった798芸術区は、1990年後半以降忘れ去られた存在でした。 新世紀が明けた頃、アーティストたちが倉庫のロフトへと移り住むにつれ、荒れ果てていたこの地は、有名なスタジオやギャラリー、書店、カフェ、レストランが多数立ち並ぶ流行のエリアと変貌しました。 ザ・ペニンシュラアカデミーにご参加いただければ、いくつかのギャラリーをVIPとしてご覧いただけます。

    読む
  • Peninsula Beijing Page flying kite national art center
    国家大劇院

    フランスの有名な建築家、ポール・アンドリューが設計した、この巨大な傑作は、6年の歳月と30億人民元を費やした改修プロジェクトの後、2007年にオープンしました。  広さ20万 ㎡で最大5,452人を収容できるこの建物はガラスとチタンのみで建てられています。 首都の建築革命における、まさに壮大な一里塚であり、多くの観光客を魅了する観光スポットとなっています。

    読む
  • Peninsula Beijing PenCities

    スタイリッシュな旅専門の出版社、LUXEシティガイドがザ・ペニンシュラホテルのために特別編集する『ペン・シティー』は、ペニンシュラのある9つの街すべてをカバーした、ユニークで上質なライフスタイル誌です。最上の食やエンターテイメント、ショッピング、デザイン、ナイトライフ、スパ、そしてウェルネスについての情報をお届けしています。 毎週発行の『ペン・シティ』は、各都市の最新情報をはじめ、季節の催しやイベント、歴史的な場所などの情報が週ごとに更新され、贅沢なライフスタイルや旅のトレンド情報も掲載しています。 ようこそ!

    • 北京 酉年を記念するアクセサリー
      読む
    • 北京 外国料理特集:モンゴル料理
      読む
    • 北京 オール・ザット・ジャズ
      読む
    • 北京 お待ちかねの文化イベント…知られざる北京
      読む
    • 北京 買い物を楽しもう!
      読む
    • 北京 自国で生まれたデザイン
      読む

    スタッフの お気に入り

    旅行で訪れる都市の観光スポットは地元の人がすすめる場所に勝るものはありません。ザ・ペニンシュラ北京のスタッフたちが自身のお気に入りの場所をご紹介いたします。

    • Peninsula Beijing Shu Fang Zhai Palace
      Peninsula Beijing Shu Fang Zhai Palace

      アラン・ゴン (Allan Gong) - ラーニング&デベロップメントマネージャー

      歴史ある紫禁城の一画を占めるこの場所は、一般には公開されていません。ご訪問を希望される場合は、ザ・ペニンシュラ北京のコンシェルジュにご相談ください。清朝の骨董品が美しい漱芳斎は清王朝のもっとも有名な皇帝、乾隆帝が主に書斎として使用していました。 国家要人を迎えるVIPパーティーの会場としても数回使用されています。 当日の状況にもよりますが、担当の学識者がご案内し、その建築的偉業についての説明をさせていただきます。

    • Peninsula Beijing ChengFu Courtyard
      Peninsula Beijing ChengFu Courtyard

      チーフコンシェルジュ - リー・リ (Leigh Li)

      このプライベートレストランは、紫禁城近くの美しい中庭にあり、1950年代から60年代にかけて毛沢東国家主席の料理長を務めていた有名な料理人、陳氏の孫息子によって経営されています。 レストランでは、歴史的な夜に供された料理で祝うイベントがしばしば開かれ、1972年に毛沢東国家主席がニクソン大統領と食したメニューなども味わえます。 スタッフの制服にいたるまで、レストラン内の全てが歴史を忠実に再現し、人気を博しているため、ご予約をおすすめいたします。

       

    • Peninsula Beijing Hou Hai Bar Street
      Peninsula Beijing Hou Hai Bar Street

      レベッカ・リ(Rebecca Li) - パブリックリレーションズエグゼクティブ

      北京に夜が訪れると同時にカクテルを飲み、朝まで楽しむ人々が多い人気のエリア、三里屯とは対照的に、后海のバー通りはエレガントです。 美しい湖、什刹海のほとりにたたずむ后海は、地元のみならず海外からも多くの方々が訪れます。 懐かしさあふれる伝統的な胡同の通りには無数のバーが軒を連ねます。

    • Peninsula Beijing Yong He Temple
      Peninsula Beijing Yong He Temple

      ティナ・フー (Tina Fu) - マーケティングサービスエグゼクティブ

      北京にあるラマ教寺院、雍和宮は、世界に散らばるチベット仏教の僧院の中でもとりわけ大きく重要な存在です。 東城地区の中心にひっそりと建つこの寺院は、清朝の皇帝、雍正や乾隆帝の住処だったこともありました。 この寺院には、幸運と健康、そして家族のために祈りを捧げようと、地元だけでなく海外からも人々が訪れます。